変動の前の静けさ! 2006年7月7日記

~大引け雑感~

東証第1部値上がり608。値下がり979。
■新高値銘柄  全取引所    (8銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (84銘柄)


今日の日経平均15500円以下の終わりは、短期波動売買攻略法では目先調整の初動の状態となりました。
従って来週は、この弱い動きからの始まりとなるわけです。

今夜のCME先物が弱い動きになりますと、月曜の東京市場は嫌な相場になりそうです。
CME先物の堅調な動きに期待して、月曜を迎えることになります。

来週の15000円を割り込む推移がないことを、願望するところです。
15000円以下の継続推移は、新たな下値探りの相場に転換いたします。


 

天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。
短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。



~前場雑感~

外資系証券の寄り付き前注文状況、
売り3100万株、買い2380万株で差し引き720万株の売り越し。
東証第1部値上がり894。値下がり637。



日経平均は小幅な動きで、転換ポイントの下限の位置近辺にあり、様子見の状態になっています。

ここからの下落は下げ基調の兆しになり、ここからの上昇は現在のトレンド継続の動きとなり、どちらに進もうか気迷いの地合いになっています。

常識的には下落調整が順当な動きと考えられますが、相場のことですから意外な状況が発生する可能性もあります。

ここは様子見と決め込んで無理な売買は手控えた方が賢明のようです。

動き始めてから出動しても大きな遅れはありませんので。

7月10~14日前後に短期波動売買攻略法未来予測として、転換変化日の相場が訪れそうです。上下どちらかに離脱推移する、暫く持続するであろう方向性の転換がありそうです。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.