スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均2017年8月2日以降の流れを考える

2017年8月2日の日経平均株価の下記チャートから。


この先10日前後の状況は三角持ち合いが修練されて


上下どちらかの離脱推移が発生する形が想定されます。


この動きは日経225先物のでも同様で、


20,000円からの上下離脱の形がここからのトレンドを


形成する流れとなっています。

日経平均2017年8月2日


上記チャートから20,000円前後からの離脱の流れ、

赤矢印上下どちらかの推移が10日前後で発生するのではないか

と思われる状況となっています。



上方離脱となれば20,300から21,000への高値挑戦となる


可能性も出てきます。



下方離脱となれば18,000から15,000への下値節までの


下落も考えられる状況へ。



ここからの相場は持ち合い離れの離脱がポイントとなっていま


す。

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。