6/15以降の変化日は! 2006年7月12日記

~大引け雑感~


東証第1部値上がり194。値下がり1445。
■新高値銘柄  全取引所    (12銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (228銘柄)


日経平均15500円以上の継続がなければ今後の上げ基調の相場はあり得ませんので、強気にはなれない探り合いの状況になっています。

今週の15000円以下の継続推移は下げ基調の継続であり、15000円~15400円の継続推移は、調整横這いの位置になります。

したがって今のところ、探り相場の状態で方向性を模索中の地合いとなっています。

7月10~14日前後に短期波動売買攻略法未来予測として、転換変化日の相場が訪れそうです。上下どちらかに離脱推移する、暫く持続するであろう方向性の転換がありそうです。






~前場雑感~ 6/19以降の、反発局面での出来高減少の推移

資系証券の寄り付き前注文状況、売り3650万株、買い2690万株と差し引き960万株の売り越し。
東証第1部値上がり283。値下がり1332。


日経平均前引け、15368円は昨日記載したように横這い保合の、様子見の位置であり、上下どちらにも転換する可能性のある、材料きっかけ待ちの状態です。

ここは、どちらかの指向性の初動が現れてからの出陣が賢明のようです。
売り方、買い方とも大きなポジションをもてない状況にあるようです。

6/19以降の、反発局面での出来高減少の推移は、この先芳しくない方向性の兆しにならないことを願うところです。



天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。
短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.