スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンド模索の状況! 2006年7月13日記

~大引け雑感~


東証第1部値上がり347。値下がり1246。
■新高値銘柄  全取引所    (8銘柄) 
■新安値銘柄  全取引所    (287銘柄) 


日経平均は長い上ヒゲの15098円と嫌な終値となりました。
今晩のCMEの動向も気がかりですが、下値指向の動きが予想される形になりました。


15000円を割り込む動きは下げ基調の初動ですので、一気に売り込まれる状況も考えられます。

7/4以来その日一日の高値が右肩下がりに推移していることからも、下値探りの展開が考えられる状態になっています。


いずれにしても15000円以上の位置を継続しないと弱基調に転換せざる終えない状況にあります。


15000円が上下の境界線となりそうです。


~前場雑感~


外資系証券の寄り付き前注文状況、売り4230万株、買い2990万株と差し引き1240万株の売り越し。
東証第1部値上がり680。値下がり876。

前場、日経平均は15000円を下限とした動きで、15054円から切り返し上昇の形となりました。


15500~15000円の保合の状況で、モヤモヤした相場が継続しています。
そろそろどちらかの離脱があっても良さそうなチャートになってきていますので、ここは良く監視する必要がありそうです。

今日の特徴的な動きに、新興市場銘柄に底値からの切り返し上昇の動きが見られています。
この状況をどう判断するか、日経平均への刺激になるのか、後場の動き注目です。




天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。
短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。