スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目先リバウンドの位置を見届ける相場! 2006年7月19日


~大引け雑感~


東証第1部値上がり642。値下がり975。
■新高値銘柄一覧  全取引所    (1銘柄)
■新安値銘柄一覧  全取引所    (977銘柄)


日経平均,TOPIX共に昨日の終値近辺の小幅な動きで推移して、前日比プラスで終わりました。
明日以降のリバウンドの上昇に期待したいところです。

いずれにしても15000円以上の戻りがなければ、弱基調継続は必至の状況ですので、小刻みな売買行動が必要でしょう。

15000~14000円レンジからの離脱が今後の方向性を決定しますが、いつ頃になるのか気になるところです。
今後の注目となるところです。

目先リバウンド上昇の位置を見届ける相場になりそうです。



株価推移の道理、筋道の判断、上昇銘柄の選別選定方法。天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。

それは、短期波動売買攻略法(虎の巻)です。 

短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。



~前場雑感~  目先小反発の気配!

外資系証券の寄り付き前注文状況、
売り4260万株、買い2970万株と差し引き1290万株の売り越し。
東証第1部値上がり828。値下がり765。

前場、個別銘柄では新安値銘柄  全取引所    (852銘柄) と昨日に続き増大してますが、安値から切り返して、前日比プラスになる銘柄もでてきていますので、目先小反発の動きとなっています。

日経平均は、今週ここからの反発が15000円以上を維持できる位置に止まることが出来るか重要なところになります。

15000円で押し戻される動きですと、弱基調継続となり14000円以下を試しに、下落することになりかねません。更なる安値を更新する可能性がでてきます。

本日から週末の好地合い相場を望みたいところです。

株価推移の道理、筋道の判断、上昇銘柄の選別選定方法。天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。

それは、短期波動売買攻略法(虎の巻)です。 

短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。


Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。