順当なリバウンドの地合い! 2006年7月20日


~大引け雑感~



東証第1部値上がり1642。値下がり38。
■新高値銘柄  全取引所    (6銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (99銘柄)


 日経平均は今日のところ、買い優勢で14947円で終わり、まずは順当なリバウンドとなりました。
明日の15000円越えは取り敢えずありそうです。


ただその後の売り玉増大が予想されますので、まずは15000円以上で終わることが来週へのステップとなりそうです。

好地合いであれば、15500円近辺には売り玉が待ちかまえていそうですので、15500~15000円での揉み合いが暫く続きそうな相場も考えられそうです。

まずは明日の15000円越えの日経平均を望むところです。

ただし弱基調の流れは未だ継続されていることをお忘れなく。




~前場雑感~


外資系証券の寄り付き前注文状況、売り3290万株、買い4860万株と差し引き1570万株の買い越し。
東証第1部値上がり1595。値下がり66。


今の相場は波動の観点から考察しますと、以外とわかりやすい波動になっています。


短期波動売買攻略法による考察で殆ど予測できる動きであり、4/7日の空売り相場の到来記載に始まって、6/13に変化波動察知、7/15の下降転換確定と察知し、虎の巻の威力は優秀なものであると自負しています。


今日の小反発上昇も昨日既に予測しています。


株価はある筋道道理に沿って推移していることを理解できれば、未来予測は大凡判断できるものです。

前場386円高と日経平均は一段高、15000円への挑戦の開始となりました。
今後15000円をどのように捉えた動きを成すか、重要なポイントになります。
目先リバウンド上昇の位置を見届ける相場になりそうです。

株価推移の道理、筋道の判断、上昇銘柄の選別選定方法。天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。

それは、短期波動売買攻略法(虎の巻)です。 

短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.