目先強基調の動き! 2006年7月27日記

~大引け雑感~

東証第1部値上がり1205。値下がり395。
■新高値銘柄  全取引所    (19銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (573銘柄)


日経平均の終値15180円は目先強基調の形になりました。
短期上値挑戦の形になりました。

このまま15150円以上を継続して来週を迎えることが出来れば、来週の相場は期待できそうな状況になります。


ただし、今日あるいは明日の高値が戻り高値の天井になるようですと、弱い形になってしまいます

15500円の壁を突破したところが7/18の2番底確認の兆しとなりますので、ここからが大事なところになります。

目先短期波動売買では戻り売り局面となりつつあります。

上昇転換、下降転換の兆しを捉えたい

個別銘柄は日経平均に逆行する動きをしている銘柄もあり、個別の状況判断が必要のようです。そんな個別銘柄の波動考察は短期波動売買攻略法で、検証考察出来ます。
 

天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。
短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。



 




~前場雑感~   模索相場の様相!

外資系証券の寄り付き前注文状況、売り4780万株、買い4030万株と差し引き750万株の売り越し。
 東証第1部値上がり846。値下がり708。

日経平均は15000円を意識しての動きで、次の方向性を探る模索地合いになっています。
15000円を境に上下どちらかの方向性が決定付けられることもあり、売り方買い方の攻防が行われているようです。

ただ、上に向かうには15000円を買い上がる強い買い方が必要になりますので、はたして今の市場にそんな気の利いた買い方が存在するのか疑問のあるところですが。

今のところ模索相場のようです。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.