待機監視の相場! 2006年8月3日

~大引け雑感~

東証第1部値上がり658。値下がり918。
■新高値銘柄  全取引所    (24銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (60銘柄)

そろそろ上下どちらかの方向性の兆しが現れる日柄になってきました。
波動のサイクルから考えますと、弱基調への動きになりそうですが、相場のことですから確定事項ではありません。

短期波動売買攻略法では下記のような考察が考えられます。


明日の日経平均強基調の上昇価格は15640円以上になります。


明日の日経平均弱基調の初動価格は15340円以下になります。


従って15340~15640円内での動きは指向性のない揉み合いの動きと判断できます。
どちらかの飛び出しに追随する動きが有効のようです。
本日夜間のCMEの動きがポイントになるかもしれません。


上記内容の売り買い仕掛けどころの判断、考察は、短期波動売買攻略法により可能です。
その他大勢の売買法では勝ち組になる確率は微少でしょう。
特別な知恵がなければ株式相場に勝つことは難しいと思われます。

上昇転換、下降転換の兆しを捉えたい

個別銘柄は日経平均に逆行する動きをしている銘柄もあり、個別の状況判断が必要のようです。そんな個別銘柄の波動考察は短期波動売買攻略法で、検証考察出来ます。
 

天底の見極め、株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。
短期波動売買攻略法の概要はこちらからお求めください。無料です。




~前場雑感~

外資系証券の寄り付き前注文状況、売り3400万株、買い3080万株と差し引き320万株の売り越し。
東証第1部値上がり853。値下がり693。

日経平均前引け、15512円は強基調の上限の位置にあり、買いトレンドへの序章の入り口の位置ですが、もう一押しする好材料が必要のようです。

なかなかもう一段の上値が取れないことから、一度体制を取り直す調整が必要になってきた感もあります。

15100円前後の体制取り直しの押し目形成が必要なのかもしれません。
15000円以下は強基調チャンネルから外れる弱基調の入り口になりそうです。

大引けにかけて買い直されろ状況があるかどうか。目先短期波動の一巡感の動きも感じられます。
疑心暗鬼の地合い、ここは待機監視の相場のようです。

今後、押し目買いの好機になるか、売り浴びせの好機になるか、仕掛け時がやって来そうです。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.