どちらかの離脱局面に注意! 2006年11月28日大引け

前引け、東証第1部値上がり470。値下がり1115。

大引け、東証第1部値上がり1004。値下がり582。 と大引けにかけて買い進まれる展開に

なりました。

ただ、日経平均の終値は昨日の値幅内の位置で終わっており、保合の情況になっています。

目先、上昇の兆しは16000円を維持することが必要であり、このままの情況ですと、

更なる売り込みを誘発ことが考えられ、日経平均15000円への下落も考えられることになります。

下値15500円以下は更なる下落への初動であり、上値16000円以上は上昇への

初動となります。


ここでの対処は、底値圏にある新興銘柄の切り返し上昇を狙った短期売買が有効のようです。

その際注意することは、今の相場は後追い買いの追随売買はなさらぬことです。

虎の巻

皆が買い上がるところは売り局面であり、皆が売り込むところは買い局面です。


株価動向の判断は、短期波動売買攻略法(虎の巻)をマスターすること

で出来るようになります。

★☆★☆★☆★短期波動売買攻略法(虎の巻★☆★☆★☆★

特級の裏技仕様による、短期売買の攻略法です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株価推移の道理、筋道の判断、上昇銘柄の選別選定方法。天底の見極め、

株価動向の天底の判断、株価推移の変化日、未来予測等、一歩進んだ株価判断

の攻略法は、特級の裏技思考による攻略で対処できます。

それは、短期波動売買攻略法(虎の巻)です。
   
■ 株価の未来予測!は可能です。


<<<勝ち組へのバイブルは以下>>>続きをご覧ください!

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.