ここ2~3日の動きは注意 2006年4月29日午後2時02分記

       注意!                        
ここでの記載内容は短期波動売買攻略法による、独断的な内容ですので、正確でない事柄も含まれているかもしれません、
ご注意ください!

5/8近辺の変化日(短期波動売買攻略法の考察)を前に、本日4/28の日経平均は-208円安と下向きの初動とも思える動きになっています。


相場の変化日5/8(短期波動売買攻略法の考察)に接近していることもあり、既に駆け引きが始まっているような状況になっています。


まだ今後の指向性が上下どちらに離脱するか、確定的な兆しはでていませんが、今後の日経先物の仕掛け的な売買が行われると思いますので、ここ2~3日の動きは注意が必要な位置になりそうです。


今後上値指向の動きになれば18000円を目指す展開が考えられますので、明るい相場が判断できます。
このままの中途半端な位置からの上昇があるのか無いのか、分かり難いところです。


一度ははっきりとした調整下落をして、買い上がり上昇からの上値突破が分かりやすい相場なのですが。
果たしてどうなりますか。



もし下降指向になった場合、まずは16400円前後の下落は考えておくべきところでしょう。


現在の個別銘柄の状況は、多くの銘柄が下降指向の状況になっています。
儲けにくい状況です。
この動きが225銘柄にも波及しますと、弱い相場が始まることも考えられます。


今は休むも相場の如く、様子見の体制が有効なようです。
なかなか買いで儲ける状況になっていません。


空売り相場は既に始まっています。今まで順調に挙げていた鉄鋼銘柄の動きを見れば一目瞭然です。



<短期波動売買攻略法(虎の巻)>                目次>>


損切り価格の判断、遂行の決断が出来ない 



 


理想の損切り価格決定には、購入価格に対する損益率で決定するのではなく、株価推移の転換位置、節目などの株価形成のポイントとなる位置での決定が効率の良い損切り価格決定と考えられます。

簡単明解売買法には簡略した、効率の良い損切りの判断方法が説明してあります。
それには株価形成の道理、道筋が理解できていなければなりませんが、短期波動売買攻略法(虎の巻)には株価形成の筋道を捉える知恵がいくつか提示して説明しています。

その筋道に合致した中から判断される損切り判断は、有効であり効率の良い損切り判断になります。



                      目次>>     

上昇転換、下降転換の兆しを捉えたい




株価(ローソク足)の動きは、株価(ローソク足)推移の節目、支持線(帯)、抵抗線(帯)の影響を受けて上昇したり、下落したりしているものです。

それは株価(ローソク足)の動きに関する、様々な要因がリンクされて節目となっており、株価動向を探る上で大事な考察内容になっています。



短期波動売買攻略法(虎の巻)では、それらの考察の分析方法を提示、説明しています。

節目抜けの株価(ローソク足)上昇の売買法は、効率の良い、勝てる確率の高い売買法になります。
特に銘柄選定翌日上昇の知恵は、デイトレ売買にも有効であり、価値ある考察になります。

短期波動売買攻略法(虎の巻)では裏技を用いることで、上昇転換、下降転換の兆しを捉える考え方を見いだしました。
この特級の裏技を使っての説明は株価動向の羅針盤にもなり得る内容になっています。


裏技仕様の株式売買分析から開眼した、勝ち組売買の知恵、
短期波動売買攻略法(虎の巻)




既に時系列日記記載でこの売買のノウハウの有効性は実証済みです。




短期波動売買攻略法の詳細はこちらからお求めください。無料です。

 


Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.