スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月15日前後までに次の変化日が到来か!

19日のニューヨーク市場の下げ止まりの状況から、5/22の東京市場はリバウンドの上昇基調の動きが予想されます。


果たして、このリバウンドの動きが、一過性のアヤ戻りで終わるのか、一過性の域を脱して再度高値挑戦の上昇になるのか、まだ不透明なところです。


そこで今の日経平均の下記チャートから今後の変化日を短期波動売買攻略法(虎の巻)により検証考察してみたいと思います。101522
5/19現在のチャートから、短期波動売買攻略法の裏技によるある方法で未来予測を考察してみますと、ある期日が判断できます。


それは2006年6月15日前後が最終期日となる変化日が判断されます。


6月15日前後をタイムリミットとする、次の変化日が未来予測できます。
ただし最悪の場合6月15日を待たずに大きく下に進行する事もあり得ますし、
最良の場合、これからのリバウンド上昇が継続されて、先の高値奪還へ進行することもあり得ます。


 注意!                        
ここでの記載内容は短期波動売買攻略法による、独断的な内容ですので、正確でない事柄も含まれているかもしれません、
ご注意ください!




変化日の、最終の期限が6月15日前後になる、未来予測が短期波動売買攻略法(虎の巻)から考察する事が出来ます。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。