スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はまた売り儲け相場でした。 2006年5月31日記

~大引け雑感~ 
 
最悪のシナリオ! 2006年5月16日記
■新高値銘柄  全取引所    (15銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (961銘柄)
東証第1部値上がり212。値下がり1445。


やっと年初来安値水準まで下げてきましたので、目先小反発のリバウンドがあり得る形になってきました。
目先の底は今週につけて、来週からリバウンドの小反発の上昇に期待したいところです。

早く信用の買い玉の整理が進めば、買い方も一気に買い進むことが考えられますが、中途半端な需給悪化は買い方には目障りになる要因のようです。

底値拾いはじっくり構えて出動するのが良さそうで、目先短期狙いに徹して、早買いは慎んだ方が良さそうです。


虎の巻考察で示したように、日経平均での年初来安値更新の動きが、今後発生する可能性が現実のものとなりそうです?




~前場雑感~

■外資系証券の寄り付き前注文状況(8時35分)

観測では12社ベースで、売り4000万株、買い3640万株と差し引き360万株の売り越しとなっているもよう。(ロイター)。

東証第1部値上がり204。値下がり1428。 と全面安状況の中でも上昇している銘柄はあります。
そんな上昇銘柄の選別法はあるのか、何か他と違う何かがあるはずです。


短期波動売買攻略法にはその何かがあります。ご賞味を。


なぜ多くの負け組が出来るのか、基本の売買法を守らない、いや知らずに売買しているからなのか。
こんな最悪な相場になっても塩漬け玉をもっていることが、そもそも大きな間違いと気がつかないことが、株式売買の基本がわっかっていないのでしょうか?


多くの投資かが投げさせられる相場が無ければ、次の上昇はあり得ないことに気がつかなければなりません。


2年余りの上昇の調整は甘くはないことに気がつかなければなりません。


株式売買の基本、一段上の考察攻略法は短期波動売買攻略法(虎の巻)をバイブルに。


売買の基本が理解できれば、押し目買いに押し目なしが理解できるでしょう。


安いところで買って高いところで売る、大間違いに気がつくでしょう。


詳しくは短期波動売買攻略法(虎の巻)をご賞味ください。


 




 


ただいま5/31のAM1:10です。


日経平均(CME)が大変なことになっています。


現在450円安の15690円(ザラ場)になっています。

また空売り儲け相場になりそうです。


この地合いで終わるようですと、先に記載した最悪のシナリオが現実のものとなりそうです。


最悪のシナリオ! 2006年5月16日記


虎の巻考察で示したように、日経平均での年初来安値更新の動きが、今後発生する可能性が現実のものとなりそうです?



101-060523



Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。