今の状況確認!

今の日経平均株価は、下値15000~上値15600の上下の節ができていて、目先では15000の下値が底堅い、死守された節目となっています。

現在のところ日経平均の長期上昇トレンドは2003/4から始まっていて、その時の日経平均株価は、今では考えられない7600代のバブル以降の最安値のところとなっています。

現在その2003/4からの長期上昇トレンドに沿って上昇してきていたのですが、11月の変化日以降、下落への動きから弱基調の動きとなっていて、現在ではその上昇チャンネルの下限の位置である15000を下値とした危うい位置にきています。

日経平均株価で15000以下を割り込んで下落しますとこの長期トレンドは切断され、新たに下げ波動を形成する動きに変わる可能性が出てきます。

ただ15000以下の動きをその筋の方々がどのように作成しているのか、ここからの動きが注目です。

一過性の15000割れを底値確認として再び浮上するのか、15000割れの調整を継続して完全なあく抜けを待つのか、微妙なところになっています。

今の状況からは15000以下の動きがあったとしても、一過性の底値確認の動きとなり15000以下での滞留期間は短いものとおもわれますが、今後どのようなシナリオをその筋の方は考えているのか、特に外国人投資家の動きが注目されるところになっています。

現在15000以下が更なる下落へのポイントとなっています。
非常に悪い形です。我が虎チャンではそうなっています。


方や上昇への動きは15000で留まり、まずは15600以上から16000を目指す動きが発生することにあります。
まずは16000前後の動きが継続することが必要です。

今現在15600以上の動きがないと、非常に悪い形になっていますので、15600以上の動きが上値へのポイントとの兆しとなっています。

こんな状況下7月から8月にかけて天井を形成した主力の銘柄は、たとえば鉄鋼関連等は今後信用の買い玉の整理で売り込まれることも予想されます。
下落への対処が必要でしょう。

いつも泣きを見るのは相場活況時に現物で買って売り損ねている方達です。
損切り、信用売り、デイトレ等で、相場が下げ基調に転換したときの対応策を準備しておくことが大切です。 

 賢い損切り方法で下げに対応することは、最大の防御になります。

 買い玉の目減りを抑える空売りの対応は投資家の必需マニュアルになります。

 危うい相場は短期決戦で軽く儲けるデイトレードが効果的です。


元気のでる、応援よろしく。
FC2 Blog Ranking  株ブログランキング  人気blogランキング  投資ブログランキング         応援よろしくね。
~~~~~~~~~

◆無料レポートです。
ガッポリ儲ける、強い見方、短期売買攻略が勝利を!基本売買、損切りから儲けの原則まで。


=========================

デイトレードでお金が増える喜びを体験したいあなたへ!
銘柄探しの方法から、エントリーのポイント(仕掛け所)、ロスカットのポイントなど、
簡単に覚えることが出来ます。

デイトレードでお金が無くなる苦痛から開放されたいあなたへ!
お金を減らす勝てない原因を公開し、問題を解決します。

1日に、5千円~1万円の収入が欲しい中高年のあなたへ!
このぐらいの金額だと、自己資金50万円~100万円もあれば、
十分に、しかもカンタンに稼げます。
電話相談・見学など、無料で行っております。
詳しくは、HPをご覧ください。

=========================

デイトレで1ティック抜きを、じょうとう手段とした場合、こんなやさしい売買はありません。
現物の株で、毎日イライラしながら株価の上がるのを 待つほど割に合わないことはありません。

日経225miniで、ある方法を使えば直ぐに、
デイトレードで1ティック抜きで儲けるポイントを見つけだせるんです!

私も唖然としました。こんな簡単な方法があるなんて!

現在、デイトレードをやっているが思うような成績が上がらない!
難しくならない方法で、楽勝デイトレードを実践してみませんか!

 詳しいことがお知りになりたい方はここからどうぞ!
デイトレードのヒントになるレポートですよ。
 

 
現在12月期受講生募集中です。限定10名様限り
〆切  2007年11月25日 まで
詳しいことがお知りになりたい方はここから資料請求してください。

初心者の方でデイトレードは難しい、分かり難い、そう思えたり、感じたりしている方。


あるやり方を知ってしまえば、誰でもできる、儲けやすい売買方法なのです。
そのあるやり方を知ることが大切なことなんです。
早めの損切りが、こんな相場では効果的な対処法になるのですが、
この損切りがまた、厄介なことになっているのが現実です。


損切りできないで じっと我慢のオバカサンの負け組にならないためには

損切りを実行しなければなりません。


損切りを効果的に行う方法は、幾つかの方法がありますが、株価の習性

を捉えた上での損切り遂行が最も利にかなっていると思っています。
http://kachigumi.fc2web.com/semina/moniter.html#risuku


損切りは効果的に、素早く簡単にできるのですが、それをしないでいる

ことほど愚かなことはありません

負けの評価損増大株を抱きかかえていて良いことはありません。

それではいつまで経っても勝ち越しの投資はできません。

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.