スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここでの対応策は!

日経平均株価は現在13000を目先の上値とする、天井形成の動きを進行中です。

13000以上の継続推移があれば、先行き強い地合いを期待できるのですが、

今のところ難しい様相になっています。

既に11000の下値もあり得る、相場状況から考えると、まだまだ一波乱ある相場は継続されそうです。

そうなりますとここからの天井形成は、信用取引での様々な対応で対処することが効果的となりそうです。

株式投資家の少数の方が活用している空売りですが、使い方はいろいろあります。

特に信用の、現引き(げんびき) 現渡し(渡し株)の活用は

売買取引の多様化ができ、売買手法がさらに深まります。意味の分からない方は株式用語サイトでお調べください。

用語解説 - 索引用語解説

空売りの活用は単に売って、買い手仕舞うだけの方法には留まりません。

いろいろな売買手法を組み合わせることで、リスク回避にもなりますし、

儲けを限定確定しながらさらに売買を継続する方法もあります。


現在の相場環境は決して良いとは思えないところに来ています。

こんな状況の中、現物売買のみの投資で勝とうと思っても、厳しいところがあります。


そんなときに助けてくれるのが信用取引の活用になります。

信用取引を有効に使用することにより、下げ相場に対処する必要があります。

信用取引活用をまだ実践していない方はこの機会に挑戦してみてください。

株式投資はまだまだ儲ける旨い方法があります。

損をしていても、損切りをするのは嫌だ。

また上がることを期待して、このまま株は待っていたい、そうお考えの方もいると思います。

でももうこれ以上評価損を拡大したくない。

損切りをしないで、いまの評価損のままでこのまま持続したい。

調子の良すぎることかもしれませんがそう考える方もおられるでしょう。

そんな考えをしている方にピッタリの方法があります。

この方法を使用すれば、ここからいくら下落しても今現在の評価損のままで持続することができます。
現在お持ちの株はそのまま、評価損もそのままで次の上昇相場まで待つことができます。

その方法は超簡単です。
評価損の銘柄を信用で売り建てればその時点で、評価価格が確定できます。
今後いくら下がっても、評価損は拡大することはありません。
ただし上昇した場合も、売り建てを手仕舞わない限りそのままの評価損がついていきます。

また評価損の現物株を、信用の売り建ての手仕舞玉として
相殺(現渡し、品渡し)することができます。
この方法こそがリスク回避の王道と思いますが。 

 ただし、この方法は信用取引の口座をお持ちでないとできません。
現物のみの売買ではできません。

信用口座は持っていてもほとんど使用していない。
そんな方は今が信用を活用できるとっておきの時期です。

信用取引を活用ください。

これを機に信用取引を取り入れて見たいが、今ひとつよく分からない、こちらをご覧ください。
http://tt777tt.blog1.fc2.com/blog-entry-437.html

 

=========================

デイトレードでお金が増える喜びを体験したいあなたへ!
銘柄探しの方法から、エントリーのポイント(仕掛け所)、ロスカットのポイントなど、
簡単に覚えることが出来ます。

デイトレードでお金が無くなる苦痛から開放されたいあなたへ!
お金を減らす勝てない原因を公開し、問題を解決します。

1日に、5千円~1万円の収入が欲しい中高年のあなたへ!
このぐらいの金額だと、自己資金50万円~100万円もあれば、
十分に、しかもカンタンに稼げます。

電話相談・見学など、無料で行っております。
詳しくは、HPをご覧ください。

=========================

★信用取引を取りいれることで売買手法の多様化ができ、様々な対応ができることになります。

信用取引に関して疑問、質問ありましたら、ブログ左側の下の方にあるメールフォームからお願いいたします。

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。