スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心して相場に立ち向かう!!

昨日までは、日経平均株価は危険な位置にありましたが、

本日の下げにより危険域突入の兆しとなりました。

この流れを断ち切るには、14000以上の位置を直ぐにでも確保して、

段階的に切り上がる上昇の動きが必要になります。


その動きが発生しないようですと、少なくとも一ヶ月あるいはそれ以上に及ぶ、

弱い流れが継続される相場になってしまいそうです。

独断偏見虎チャン考察!



ここからは売りが優勢な相場になりそうですので、

心して相場に立ち向かうことになります。

もし悪い形ができ上がってしまったとなれば、

NYダウのような、売り込みの相場がやって来ることになります。

このため売り方はダマシ騙ししながら下げを狙ってくることが考えられます。


そんな中で儲けようとするなら、空売りか、短期上昇の個別銘柄を探すか、

変動幅の大きな225先物、225miniでのデイトレしかありません。
http://sakimono225mini.blog103.fc2.com/blog-entry-165.html


現実に調整下げ相場がやって来て、買い建てで儲けようとしていたなら、

それは勝ち目の少ない負け戦に立ち向かうようなものであり、

割の合わない株式投資になります。


過去どれだけの投資家が下げ相場で勝つことができず撃沈させられてきたことか。

それは多くの投資家が、買い建て売買法で株式投資をしてきた事に

由来するところが大きいと考えられます。


本来信用取引は下げ相場になったときに、買い建ての下落リスクを回避する為に

考案されたものであり、少ない投資金額で大きく売買することを目的に

考えられたものでは無かったはずです。


信用取引の最大の優位点は株式売買の安全性を向上させるための、

保険のような役目をするものであったはずです。


それは下落相場での信用取引活用(空売り)の優位性だけでなく、

上昇相場での信用取引活用(つなぎ売り)の優位性もあるのです。


ところが証券会社のたくらみかどうか知りませんが、本来の信用取引の利点を隠し、

担保金の3倍投資の危険性を報じて、信用取引を悪者にしているきらいがあります。


信用取引を活用することで売買の手法も単に買ったら売る、

売ったら買うの単純な方法だけではない、現物株と信用取引のコラボレーションが

できることになり、売買手法を多様化できる利点があるのです。

それは、現引き、現渡し、つなぎ売り、空売り、両建て等、現物を活用した

http://tt777tt.blog1.fc2.com/blog-entry-437.html


幾つかの売買手法を使用
することで、儲けを増大させることも、

評価損を軽減させることもできるのです。 



現物買いのみの株式投資では不完全なものなのです。

現に下げ相場でおびえている方達が数多くいるこの現実はそれを実証しているのです。

下げ相場で儲かっている人がいることを忘れていませんか。

儲かるから売り込むんです。


もし下落した相場で儲からなければ、誰も売り込みはしません。

儲かるから売り込むんです。

現物売買一辺倒の方々は単に相場に利用されているんです。

こんな状況下、損切りできずに評価損が拡大している方も少なからずいると思われますが、
もうこれ以上は持ちこたえられない、この辺りで評価損を止めておきたいとお考えの方もいると思います。

損をしていても、損切りをするのは嫌だ。

また上がることを期待して、このまま株は待っていたい、そうお考えの方もいると思います。

でももうこれ以上評価損を拡大したくない。

損切りをしないで、いまの評価損のままでこのまま持続したい。

調子の良すぎることかもしれませんがそう考える方もおられるでしょう。

そんな考えをしている方にピッタリの方法があります。

この方法を使用すれば、ここからいくら下落しても今現在の評価損のままで持続することができます。
現在お持ちの株はそのまま、評価損もそのままで次の上昇相場まで待つことができます。

その方法は超簡単です。
評価損の銘柄を信用で売り建てればその時点で、評価価格が確定できます。
今後いくら下がっても、評価損は拡大することはありません。
ただし上昇した場合も、売り建てを手仕舞わない限りそのままの評価損がついていきます。

また評価損の現物株を、信用の売り建ての手仕舞玉として
相殺(現渡し、品渡し)することができます。
この方法こそがリスク回避の王道と思いますが。 

 ただし、この方法は信用取引の口座をお持ちでないとできません。
現物のみの売買ではできません。

信用口座は持っていてもほとんど使用していない。
そんな方は今が信用を活用できるとっておきの時期です。

信用取引を活用ください。

これを機に信用取引を取り入れて見たいが、今ひとつよく分からない、こちらをご覧ください。
http://tt777tt.blog1.fc2.com/blog-entry-437.html

 

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上昇銘柄を見抜く知恵 http://kachigumi.fc2web.com/semina/moniter.html
があれば、逆に下落する銘柄を見極める知恵にもなりえることになります。

 「上昇銘柄を見抜く秘技」 であなたを変えて見ますか。!

上昇する株価(ローソク足)の習性を知っていれば、逆の下落する株価(ローソク足)

の習性も必然的に分かってしまうことになります。


上昇銘柄を選定するときのように下落銘柄を捉えるツールとして、ある無料ツールを

使用することで下落銘柄を選定することができます。


このツールを使用すれば、上昇銘柄を選定する要領で、

下落する銘柄を選定することができます。

上昇する銘柄を見抜くことができれば、

下落する銘柄も見抜くことができることになります。

それはオールマイティーの売買行動ができる、条件を満たすことになります。

この下落銘柄を発掘する無料ツールを使用したい方は無料でご案内いたします。 

こちらからお申し込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=196352


元気のでる、応援よろしく。
FC2 Blog Ranking  株ブログランキング  人気blogランキング  投資ブログランキング         応援よろしくね。
~~~~~~~~~

◆無料レポートです。
ガッポリ儲ける、強い見方、

何か新しいテクニカル分析、儲け方のノウハウの情報をお知りになりたい方はここからご覧になれます。  

ボール 赤 目先上がったところは取り敢えず戻り売りが賢明な対応と思われますが 、
 それでもまだ評価損を抱えているようでしたら、信用のつなぎ売りが 効果
 をはっきすることになります

http://tt777tt.blog1.fc2.com/blog-category-18.html


ボール 赤信用取引はまだできない方は、効果的な損切り対処を取り入れての売買法が賢
い対処となります。

http://kachigumi.fc2web.com/semina/moniter.html#risuku


ボール 赤こんな相場に見切りをつけて、デイトレで毎日小刻みに収益を増幅させる私は
この方法を現在取り入れています。

http://kachigumi.fc2web.com/rakudaysyosai/rakusyouse.html


今の相場では、通常の売買をしていたのでは、思うような成績は上げられそう

もありません。

臨機応変に現在の相場にあった売買法で攻略するのが、勝ち組への一歩となり

そうです。



=========================

デイトレードでお金が増える喜びを体験したいあなたへ!
銘柄探しの方法から、エントリーのポイント(仕掛け所)、ロスカットのポイントなど、
簡単に覚えることが出来ます。

デイトレードでお金が無くなる苦痛から開放されたいあなたへ!
お金を減らす勝てない原因を公開し、問題を解決します。

1日に、5千円~1万円の収入が欲しい中高年のあなたへ!
このぐらいの金額だと、自己資金50万円~100万円もあれば、
十分に、しかもカンタンに稼げます。

電話相談・見学など、無料で行っております。
詳しくは、HPをご覧ください。

=========================

 

★信用取引を取りいれることで売買手法の多様化ができ、様々な対応ができることになります。

信用取引に関して疑問、質問ありましたら、ブログ左側の下の方にあるメールフォームからお願いいたします。

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。