賢い損切り遂行の知恵、簡単明解売買法!

本日8/5下値の12893を割り込む動きになりますと、

下値離脱の流れが発生することになりそうです。

 

TOPIXでは1238ポイント割れは弱い流れの加速位置になります。

現在状況からは下流れへの基調が始まる様相になっています。


TOPIXの下げから、多くの投資かがやられていることは推測することが

できます。


今回の下げ相場は、日経平均株価はダマシ騙しの動きで、下げ局面でありながら

下げていないような錯覚に陥る動きをしています。


これにだまされて買い仕込んで、更に損の上乗せをしている方も多いいのでは

無いかと感じられます。


この状況下、損切りをできないでがっくり来ている方も少なからず

存在しているのではないかと感じています。

 

そこで損切りの効果的な位置での断行ができない方に、簡単に損切り判断

確認ができる方法をご紹介いたします。

 

いつ何時、事件、事故、天災等の影響で、相場が急変することがあるかも知れません。

上がるであろうと選定した銘柄が、下がってしまうこともあるかも知れません。

また、下がりはしないものの、横這いに推移してしまうこともあるかも知れません。

そんなときのために、リスク回避の方法を備えておく必要があります。


それは、誰でも理解できる分かりやすい方法が良いでしょう。

特に思惑と違う動きになったときに、損切りに対して最良の判断ができるものが

最高ですよね。

 

損は小さいうちに決済して、損をいつまでも放置しないことが

賢明なこととなります。

 

塩漬け株などもってのほかです。

そんなことにはならない、損切り判断が欲しいですよね。

 

その時点で最良の損切り価格の判断ができる、

分かりやすい損切り法が欲しいですよね。

あるんです、実はあるんです。


既に、この方法は私の売買の基本となっているもので、

ずいぶん役に立っているんです。

     

たとえば、損切り価格の判断、遂行の決断に関しては。


理想の損切り価格決定には、購入価格に対する損益率で決定するのではありません。


株価推移の転換位置、節目などの株価形成のポイントとなる位置での決定が

効率の良い損切り価格決定と考えられます。

 

効率の良い損切り価格の決定は、株価形成の道理、道筋が理解できていなければ

判断しにくいものです。


その道理、筋道に合致した損切り判断は、最良であり、かつ効率の良い損切り

価格となります。

 

この売買ルールを使うことで、相場で勝つ確率はさらにUPしていけると思っています。

 

たとえ思惑と違って負けても、納得のできる負け方ができます。

納得のできない負け方は良くありません。

くやしい後悔の残る負け方は、精神面で決して良いものではありません。

納得のできる、後悔をしない負け方をすることが、一番大切なことです。


それは次の挑戦の時に、必ず役に立つ経験として思い出されることになるはずです。


詳しい内容はこちらから、無料です!!
http://form1.fc2.com/form/?id=21816

 

変化日の兆しが知りたい

本日の下げは8/11の高値で兆しが発生していたのです。その兆しは

虎の巻で判断できます。

株価(ローソク足)動向の兆しは、裏技の知恵を用いなければ、それを捉えることは出来ません。

短期波動売買攻略法(虎の巻)ではそれを可能にする裏技を設定したチャートにより実現しています。

日経平均株価の変化日、更に個別銘柄での変化日も捉えなければ個々の動きに対応できません。


これにより明日以降の株価動向の予測が可能になり、相場の流れの転換点を判断する事が容易くなります。

これは通常の判断では難しい考え方であり、裏技を使用する事で出来うる考察であります。


この裏技により、トレンドの転換、及び変化日の到来が視覚的に捉えられることが出来ます。

正に、大海原の中で孤立する船舶の救いの、転ばぬ先の杖である、羅針盤の役目をするものなのです。

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.