スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超、重要な時間帯で変化が明日にでも起きる・・・・・・!

現在の日経平均は重要な時間帯に入っています。

株価サイクルでの変化日の位置と考えられる域に突入しています。


今後日経平均が下流れにならないことを望むのであれば、

日経平均株価は9000円ラインを超えた位置での継続推移が必要となります。


それ以下は揉み合いの横這いか、下落への発進となります。

本日の終値は下落への境界位置にあり、極めて危険な位置であることが

認識できます。

明日以降いつでも、強基調の急騰、弱基調の急落があり得るところとなっています。

特に今週は上昇か、下落かの判断が下される可能性があります。

したがって10/28以降の上昇を買い込んできた玉は、

大儲けとなるか、損切りとなるかの分かれ目になりそうです。

 

ポイント価格は9000円以上か、8000円以下となりそうです。

この価格からの離脱の動きがポイントとなりそうです。

独断と偏見での考察ですので、信頼性は保証しかねます。

 

原点に戻って株価の基本、株式投資の売買方法を分かりやすく知る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い出動、売り出動認識の基本ポイントを知る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

効果を発揮する損切りの方法を知る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買ってはいけない状況の形を知る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://form1.fc2.com/form/?id=21816

 


虎の巻でも認識している、株価波動サイクルの流れから10~11月以降の、

下降波動の底形成の動きはまだまだ継続しているようで、気が抜けない 状況と

なっています。


上昇相場への転換は株価(ローソク足)が、ある形にならなければやって来ません。


それまでは押し目買いなど入れてもまたやられるだけです。

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。