どちらにも進行する、ニュートラルの状態! 2006年6月19日記

~大引け雑感~

東証第1部値上がり856。値下がり752。
■新高値銘柄一覧  全取引所    (18銘柄)
■新安値銘柄一覧  全取引所    (54銘柄)


前場の期待は裏切られて、日経平均は14860円で終わり、値幅の少ない動きで、上下方向性のない動きで終わりました。


様子見の保合相場で、明日以降のきっかけ待ちの状態となりました。
ただ、上昇サポートの18000円以上で終わっていますので、明日の期待はまだ残されています。


現在は材料待ちの状態ですので、上下どちらにも離脱する形になっています。
今の日経平均の位置は、短期下降チャンネルの上限の位置にありますので弱含むこともあり得る状況です。


さて明日の動き次第で今日の相場は一転晴天になるか、大雨になるか・・・・・・・・。
今晩のCME日経平均先物の動向を監視しましょう。




~前場雑感~

外資系証券の寄り付き前注文状況(8時40分)
観測では13社ベースで、売り3920万株、買い3610万株と差し引き310万株の売り越しとなっているもよう。(ロイター)。
東証第1部値上がり810。値下がり779。
■新高値銘柄一覧  全取引所    (10銘柄)
■新安値銘柄一覧  全取引所    (38銘柄)


本日の日経平均は18000円を挟んだ小幅な上下の動きで、方向性のない推移となっています。
上基調の継続には、18000円以上の継続推移が必要ですので、前場の状況では、ニュートラルな状態と判断できます。


後場の動き次第で、今週の方向性が判断できそうですので、後場の日経平均先物の動きが気になるところです。
上向き基調の地合いはまだ健在ですので、後場の日経平均は高い可能性が強いと思われます。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.