スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過熱相場を知るレシオ!

★☆★━━━━━過熱相場からの持ち高調整、冷却相場!━━━━★☆★

 

日経平均株価は2000円幅の上昇を達成する、過熱地合いの相場で、


一休みがほしいとと思われる、持ち高調整の動きとなっています。

 


現在の需給関係は過熱圏である指標、騰落レシオ (東証22日間)117.5がでてい

 

ることもあり、ここから上を目指すには、多少のお休みを入れての、

 

持ち高調整の時間が必要のようです。

 


この過熱度合いを表す指標として、騰落レシオなるものが引き合いに出されま


すが。

※騰落レシオとは、値上がり銘柄数÷値下がり銘柄数の比率を計算したもので、

市場の過熱感を見る指標として使用されています。


一般的に22~25日騰落レシオを使用します。

25日騰落レシオは、60%以下になれば中期的に絶好の買い場、

150%以上ならばかなりの危険水域と判断するのが一般的な見方でありますが、

100%以上は過熱圏突入と考えることもできます。

 


以上のことから、騰落レシオ (東証22日間)117.5%は過熱圏であり、


過熱地合いからの調整、一休み調整相場を裏付けるところとなっています。

 

従って騰落レシオ100%以下からの出直りを想定して、この相場をみること


となりそうです。

 

 

今日の日経平均株価の終値、8595円は調整範囲内の下落となっています。


8500円前後での継続推移は強基調継続の流れと判断できます。

 


8000円以下への下落は注意が必要であり、8000円以下での継続
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


推移が危険ゾーンとなります。

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

押し目待ちに押し目なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

安くなったら買おうと待っていても、そんな都合のいい相場はないということです。


安いところで買いたくても買えないのがトレンド転換の強い相場なのです。

 


この変化日を早い時期に、たとえば今回のように知るには特別のテクニカル
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


手法が必要となります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://kachigumi.fc2web.com/toranomaki/tankitora.html#henkabi

 


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

上昇する銘柄にはある特有の状況が存在いたします。

 


上昇銘柄を見極める方法は、いい方法があったら知りたいですよね!


無料レポート・・・・・・無料・・・・・・・無料・・・・無料

http://www.sugowaza.jp/reports/get/10347/10251/

無料レポートです。↑   ↑   ↑   ↑ 

 

 


上昇する銘柄を見抜くことができれば、下落する銘柄も見抜くことができるこ

とになります。

 

空売り相場にも対処できることができます。

この下落銘柄を発掘する無料ツールを使用したい方は無料でご案内いたします。 

こちらからお申し込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=196352

無料・・・・・・・無料・・・・無料

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。