スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かる銘柄がごろごろしています!

号外!  号外!  号外!  号外!  号外!  号外!  


    号外!  号外!  号外!  号外!  号外!  号外!  

 

短期売買で儲かるのは今です。今が一番儲かるときです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

儲かる銘柄が今なら探せ出せます。


以下参考銘柄ご覧あれ!

 


09/05/7~8日に変化日を迎える銘柄です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://kachigumi.fc2web.com/henkabi/zaiko/henkabi-5-1.png

 

 

09/05/01前後に変化日を迎えてすでに上昇している銘柄です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://kachigumi.fc2web.com/henkabi/zaiko/henkabi-5-1ue.png

 

 

株価(ローソク足)の動きはそのときの相場環境などに影響を受けることは当


然ですが、多くの場合下げの次は上げ、上げの次は下げと波動を繰り返しなが


ら上下どちらかの方向に推移して、トレンドを作り上げていきます。

 

この方向性が短期から中期へとなるトレンドを形成して行くことになりますが、


短期から中期、中期から長期へとつながる株価の動きの中には、幾つかの分
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


岐点である変化日を通過して大きな流れを作り上げていきます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この分岐点である株価(ローソク足)の動きを見極めるには、チャート上に表


れる幾つかの事象を確認して、テクニカル分析を用いて検証考察しなければ判


断しにくいものです。

 

それは株価(ローソク足)の動きが無秩序に動いているのではなく、ある法則


に沿って動いていることに気がつけば、株価の動向さらに今後進むであろう方


向性、先行きの動きを予想することが可能となるのです。

 


トレンド形成に至る株価の幾つかの特徴的なチャート上に表れる事象、それを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


テクニカルに検証考察することで未来予測は可能となるのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この未来予測マニュアルは、裏技仕様の設定チャートを使うことで視覚的に確


認して見極めることができるものです。

 

未来予測マニュアルは一般的にはほとんどなじみのないテクニックであるため、

無料チャートで一部見ることはできますが、すべてをカバーするだけの事象情


報を得ることはできません。

 

ただし一部の無料チャートツールにて、特別に裏仕様設定する事で可能とする


ことができます。

 

 

この未来予測では短期、中期、長期を想定した設定をする事で、直近5~10


日程度の変動予測、一ヶ月前後の変動予測、2,3ヶ月程度の変動予測をチャ


ート上に表示させて監視することができます。

 

この方法を用いることで一ヶ月先から一週間先の株価がどこの位置になれば、


弱い流れになる可能性があるのか、あるいは強い流れになる可能性があるのか、

判断する事ができるのです。

 

また変化日までの日柄がほぼ算出できることで、売買行動を慎重にしなければ


ならない日程予想がたてられることで、危険な時間帯をさけられる利点があり


ます。

 

 

たとえば今回の、2008/4/末日前後の変化日はすでに半月前から予想で


きていますので、4月末日にかけての売買は控えることで変化日をやり過ごす


し、変化日後の流れを確認してから売買行動を起こすことができます。


これはリスク回避には有効なスキル、テクニックであり、変化日後の対応が迅


速に対応できることで収益確保へのシナリオ構築が容易くなります。

 


この未来予測手法は、日経平均株価のみならず個別銘柄でも使用することがで


きますので、各自の保有銘柄に対して未来予測検証考察することは今後の売買


指針の役割を果たすものと思っています。

 

 

変化日認識にはチャートツールの中に含まれている、ある重要なテクニカル分


析を使用する事が前提となり、これを使用することで計算することもなく、チ


ャート上に表れたものを視覚認識することで変化日を確認することができ、さ


らに変化日後の基点となる価格の確認ができることになります。

 

このテクニカル分析マニュアルは、限られた無料チャートツールで使用可能で


すが、使い心地が少し悪いのが残念なところです。

 

有料チャートツールで、テクニカル分析指標の計算期間等を任意に設定できる


ものであればほとんど使用可能と思われます。

 

 

日経平均株価に連動している銘柄は、日経平均株価の変化日とほとんど同じ日


柄で変化日を迎えますが、連動していない銘柄は独自のサイクルで動いている


ため、変化日に違いがでてきます。

 

これらの銘柄は市場全体の流れからは異なった動きをしているため、独自の変


化日判断が必要になります。

 

こんな場合には変化日認識のこのマニュアルは有効であり、効果を発揮できる


ものとなります。

 

日経平均逆行銘柄などは全く別のサイクルで動いている場合が多くっています


ので、この変化日判定のマニュアルを使用することで個々の銘柄に対する変化


日考察が可能となり、変化日認識に効果を発揮できるものです。

 


では実際の銘柄で来る5/7~11頃変化日を迎える変化日到来銘柄をご案内


しておきましょう。


5/1現在のチャートを記載しておきますので5/12以降どうなっているか
http://kachigumi.fc2web.com/henkabi/sankoumeigara.html

確認してください。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。