本格調整はここから始まるのか!

★☆★━━━━━弱い動きの始まりはどこから始まるのか━━━━★☆★

 

日経平均株価は1万円を割り込む動きとなり、弱含む展開が考えられる状況に


なってきています。

 

現在の日経平均の位置は、9700円以下に調整突入の初動となる境界があり


9700円以下は弱含みの流れとなります。

 

さらに今月末から来月初旬にかけて、9500円以下の位置に日経平均が落ち


込むようですと、本格調整の動きに転換することもあり得る流れとなってしま


います。

 


来月早々には、一万円を超える動きが発生しないと、この上昇トレンドの流れ


も終焉のところとなり得る形ができてしまいます。

 

従ってこのままの強い流れを維持するためには、9500円以下の落ち込みが


ないことと、来月早々の1万円超えの推移が必要となります。


一過性の下落調整で終了して、早い時期の再浮上がほしいところです。

 

そんななか、今回は弱い動きに転換した銘柄をご紹介いたします。


空売り銘柄と考えることもできますが、あえて逆行銘柄としておきます。

 


『未来予測・転換変化日虎の巻』にて選定した銘柄です。


このマニュアルを使用すれば、上がる銘柄、下がる銘柄の認識が可能となり


ます。


1332・日本水産、   1377・サカタのタネ

1803・清水建設、    1810・松井建設

2009・鳥越製粉


以上『未来予測・転換変化日虎の巻』による弱気銘柄です。
http://form1.fc2.com/form/?id=44216

 

このマニュアルは上昇のみならず、下落への転換変化日の判定も同様に


できることで、空売りへの出動ポイントにも有効であります。

 


相場の変わり目である変化日を未来予測するこのマニュアルは、究極の投資指


針となる羅針盤と考えられます。

 
 

 

 株価の動きは転換変化日を境にして、急激な動きへと推移し始めます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その時期を認識できることが儲けの近道です。


このブログで記載している上昇銘柄はこのスキルによってできる技であり、


私が虎の巻としているノウハウになります。

 

特別の裏技使用のノウハウを使用すれば、転換変化日の算定できます。


無料チャートを使用して未来予測する裏テクニックを発見しました。


オリジナル裏仕様の設定チャートでバッチリです!


上昇、下降の初動を認識できる虎の巻です。


上昇、下降の転換変化日の初動を認識できる虎の巻です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://form1.fc2.com/form/?id=44216

 

この転換変化日を前もって未来予測をして、知る方法を説明しているのが、


『未来予測転換変化日虎の巻』になります。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.