もう少し上を期待できる日経平均! 2006年6月26日記

~大引け雑感~

東証第1部値上がり754。値下がり825。
■新高値銘柄  全取引所    (19銘柄) 
■新安値銘柄  全取引所    (60銘柄)

前場安の後場高で、日経平均15100円をクリアーした位置で終わり、明日の上げ基調の地合いを持ち越してくれました。

15500円近辺までの戻りが、一度はあり得る相場と考えられますので、その地合いをつなぎ止めていることは、もう少し上を期待できる形になっています。


ただし29日以降の15100円割れは、先行き弱地合いの予兆となる可能性がでてきます。
その辺はしっかり監視しておくことが必要です。



個別銘柄は日経平均に逆行する動きをしている銘柄もあり、個別の状況判断が必要のようです。そんな個別銘柄の波動考察は短期波動売買攻略法で、検証考察出来ます。


既に上げ基調の形になっている銘柄は存在します。



 




~前場雑感~   日経平均の動きが冴えません!


 


外資系証券の寄り付き前注文状況、売り2390万株、買い2050万株と差し引き340万株の売り越し。
東証第1部値上がり457。値下がり1092。 

日経平均の動きが冴えません。6/22の高値で頭打ちとなっている相場は、手詰まり感に揉み合う地合いとなっています。

今週の木曜日以降、15100円以上の推移が継続しないと、上げ基調の相場は無いと短期波動売買攻略法では判断できますので、今週後半の15100円がポイントとなります。

今の時点で14900円以下は下げ基調の兆しと判断できます。


いずれにしても上は15500円で押さえ込まれそうですので、さほど期待は出来そうもありませんが。


ただ個別銘柄は既に上げ基調の、地合い回復の推移をするものが出現しています。












Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.