スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来予測による下降転換銘柄発掘!

日経平均株価は現在9800円以上をかろうじて維持する位置にあり、

変化日の時間帯に入っていて上下どちらかの転換離脱を待つところとなっています。


本日前場は下降転換の位置まで下落するところもありましたが、

後場は切り返して9800円を維持するところまで戻し、ニュートラルの位置になっています。


従って2009/7/6以降の動きがきわめて注目するところとなり、

来週は転換変化日確定の日がやってくるものと思われる形になっています。


主要の銘柄ではすでに下落転換の流れに推移しているものが出現しており、

この流れを引き継ぐとなれば、弱いながれが今後の相場地合いとなるのかと思わざるを得ない状況です。


すなわち上昇相場から調整の時間帯突入となる、調整局面の相場が考えられます。


2009/7/6~10日が9800円以上の動きとなれば上げ基調、

9800円以下の動きとなれば下げ基調の転換変化日確定となる公算が高くなっています。



下落転換での主要銘柄。

6701・日本電気、  4911・資生堂、   4568・第一三共、  9437・NTTドコモ・

6758・ソニー、   4502・武田薬品、   6753・シャープ

 

株価の動きは転換変化日を境にして、急激な動きへと推移し始めます。

その時期を認識できることが儲けの近道です。

このブログで記載している上昇銘柄はこのスキルによってできる技であり、

私が虎の巻としているノウハウになります。

特別の裏技使用のノウハウを使用すれば、転換変化日の算定できます。

無料チャートを使用して未来予測する裏テクニックを発見しました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

オリジナル裏仕様の設定チャートでバッチリです!

 

上昇、下降の初動を認識できる虎の巻です。

上昇、下降の転換変化日の初動を認識できる虎の巻です。

『未来予測・転換変化日虎の巻』で上昇、下落の初動を見極めてください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

★信用取引を取りいれることで売買手法の多様化ができ、様々な対応ができることになります。

信用取引に関して疑問、質問ありましたら、ブログ左側の下の方にあるメールフォームから  

お願いいたします。


用語解説 - 索引    比較.com証券手数料徹底比較   無料メルマガで毎日公開中 

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。