伸び悩む日経平均! 2006年6月27日記

~大引け雑感~

東証第1部値上がり869。値下がり688。
■新高値銘柄  全取引所    (15銘柄)
■新安値銘柄  全取引所    (63銘柄)

後場も前場同様に様子見の保合の相場になりました。
依然として15100円近辺の小刻みな動きで終始して、はっきりとした指向性を見せないまま大引けとなってしまいました。

目先日経平均は15100円がポイントとなりますので、15100円以下での継続推移は弱い基調の前兆と判断することが出来ます。

従って、今のところ横這いのきっかけ待ちの状態であり、上下どちらにも離脱する可能性があります。

目先短期利確の時期に入った可能性がありそうです。これからの高いところは利確局面となりそうです。






~前場雑感~   ニュートラルな上下境界線の位置!


外資系証券の寄り付き前注文状況,売り4030万株、買い3750万株と差し引き280万株の売り越し。
東証第1部値上がり755。値下がり783。


日経平均は昨日の終値近辺の動きで、様子見の地合いになっています。
後場はここから、どちらかへの離脱の動きになると考えられます。

短期的なポイントは、6/29日以降の15100円割れは、先行き弱地合いの予兆となる可能性がでてきますので、本日火曜、水曜と15100円の位置を、どのような動きで推移するか重要なところに来ています。

昨日と同様に後場高に買い戻されれば、15100円以上の上げ地合いとなりますし、逆に売り込まれますと下げ地合いに転換することも考えられます。

前場は五分五分のニュートラルな上下境界線の位置になります。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.