スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下げ相場で勝てるスキルを養う!

下落相場を生き抜くスキルアップ!━━━━━━★☆★

株式投資を行う上で、現在のような下げ相場になった場合、売りで儲ける売り建て売買をすることも必要になってきます。

 

玄人筋では買いよりも売りで儲ける方が優位であることが知られています。

 

それは上昇よりも短期間で大きく下落することが少なからず発生することも一因になっているようです。

 


現在の相場もそんな状況になってきているようで、信用の売りを勉強するのも必要と思われます。


そのために信用の口座を開設しておくことも必要になります。


また信用の売買テクニックをマスターしておくことも必要になります。 

 

現実に調整下げ相場がやって来た時、買い建てで儲けようとしていたなら、

それは勝ち目の少ない負け戦に立ち向かうようなものであり、割の合わない株式投資になります。

 


過去どれだけの投資家が下げ相場で勝つことができず撃沈させられてきたことか。


 
それは多くの投資家が、買い建て売買法で株式投資をしてきた事に由来するところが大きいと考えられます。

 

 

本来信用取引は下げ相場になったときに、買い建ての下落リスクを回避する為に考案されたものであり、

少ない投資金額で大きく売買することを目的に考えられたものでは無かったはずです。

 


信用取引の最大の優位点は株式売買の安全性を向上させるための、保険のような役目をするものであったはずです。

それは下落相場での信用取引活用(空売り)の優位性だけでなく、

上昇相場での信用取引活用(つなぎ売り)の優位性もあるのです。


信用取引を活用することで売買の手法も単に買ったら売る、売ったら買うの単純な方法だけではない、

現物株と信用取引のコラボレーションができることになり、売買手法を多様化できる利点があるのです。


信用取引は危険というレッテルを貼り付け、個人投資家の参入を拒んできた証券会社の悪巧みにだまされていては、

いつまで経っても勝てる売買はできません。

 

下げ相場でも儲けられる信用取引、上げ相場ではさらに儲けられる信用取引、

こんな優位性のある売買を取り入れることが今必要になってきています。

 
特に下げ相場で儲けるには空売りの売買手法が必要になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


空売りとなると信用取引の経験がないとできないこともあり、下げ相場で儲けることができる

投資かは限られた人達のみのものとなっています。

下げ相場でのリスク回避の売買手法である空売りをマスターすることは、どんな相場になっても対応できる

投資家になることになり、勝ち組の仲間入りの条件を満たすことになります。

信用取引の基礎から応用まで下げ相場に対処できるスキルを磨いてみませんか。


● 信用取引の何がいい、何が悪い? ~信用取引の基礎を知ろう!~

● 信用取引を利用した投資戦略、勝つために必須の知識と知恵とは?

● 驚愕の塩漬け株を使って信用取引で儲ける方法とは?

リスクを出さない信用取引とは?




第一部 信用取引の基礎

・ 信用取引の何がいい、何が悪い? ~信用取引の基礎を知ろう!~
・ 証券知識がないと信用取引は「恐ろしい」
・ 信用取引に使われる特殊な用語とは?
・ 信用取引の「資産のヘッジ」機能を有効活用せよ!
・ デイトレーダーを目指すには信用取引が必要不可欠である。

第二部 信用取引を用いた投資戦略

・信用取引を利用した投資戦略、勝つために必須の知識と知恵とは?
・ いつでも信用取引を使うのは問題。信用取引で「買い」を考える局面、「売り」を考える局面
・ リスクを出さない信用取引とは?
・ 驚愕の塩漬け株を使って信用取引で儲ける方法とは?塩漬け株は価値ある資産だ!
・ チャート形状はどうですか?皆さんの塩漬け株はこうやって儲けろ!

たった3時間で、信用取引で勝てる投資家の強力な武器を、自分のものにしてみませんか?

信用取引の空売りで儲けられる時は、もうそこに来ているかもしれません。

信用取引を取りいれることで売買手法の多様化ができ、様々な対応ができることになります。

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。