個別上昇銘柄発掘の手法を学ぶ!

儲けサイクル突入銘柄を探せ! ━━━━━━★☆★

 


日経平均株価は32円幅の動きで終始する、きわめて小刻みな動きとなって、

閑散な相場地合いとなっています。


年末を向かえ、市場参加者も少なくなってきているようで相場の活気が無くなってきているようです。


下値10000円から上値12000円レンジのもみ合い的な相場地合いが継続されていますので、

年末に向けてこのレンジを離脱する動きがここからの相場を形成する流れとなっています。


この流れは個別銘柄の動きから、『未来予測・転換変化日虎の巻』で推察しますと、

上げ指向の流れを想定させるものと判断できます。

 

それは今発生している、個別銘柄の上げトレンドへの転換状況の地合いが証となっています。

 

本日も、6213・オーエム製作、1814・大末建、7261・マツダ


等に見られる、上昇基調への転換への流れがそのサインとなっています。

すなわち押し目買いトレンド銘柄となっているのです。


ただし相場全体の基調は、日経平均株価9900~9800割れは下げトレンドへの兆しとなりますので、

上げトレンド個別銘柄とは別に思考回路を持たなければなりません。

 

※ 注意していただくこと、ここで記載の銘柄は買う銘柄ではありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買いトレンド転換へ動きを継続している銘柄です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買うところは簡単明解売買法の法則に沿ってエントリーしてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

買い転換銘柄は『未来予測・転換変化日虎の巻』にて発掘して、

儲けの売買は『簡単明解売買法』により対応することができます。

 

株価の動きは、いくつかの条件を満たしながら推移しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その条件が乱れ始めたときに転換変化日が発生します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そのメカニズムを当てはめれば、株価動向の未来予測が可能となってきます。


そのメカニズムの要素をチャートに表現させることにより、視覚的に未来予測は可能となります。

 

今回のように上昇基調への転換初動が認識できます。


上昇から下落への転換も予測可能となるスキルです。


リスク回避のツールとしても役に立ちます。


上昇、下落銘柄の初動を察知、リスク回避のマニュアル!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『未来予測・転換変化日虎の巻』です。役に立つマニュアルです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://form1.fc2.com/form/?id=44216


簡単明解売買法が添付されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.