さらなる強基調相場は大納会へ向けて!

離陸発進で天井形成の流れへ! ━━━━━━★☆★


すでに『未来予測・転換変化日虎の巻』では上昇転換を認識、

このマガジンにて儲けサイクルに入った旨をご案内しています。



昨日のCMEにて14000円への指向性が確認されて、

年初来高値を狙う動きが年末に向けての相場と考えられます。


大納会への上昇基調の動きは『未来予測・転換変化日虎の巻』での定石となる動きであり、

虎の巻事象にて確認できる内容となっています。

 


従って、すでにこのメルマガで記載の上昇転換銘柄の動きを見ればわかるように、

簡単明解売買法による手法で収益確保が可能な動きとなっています。

 

この強い流れは現時点で日経平均10000円以下の動きが発生しなければ、継
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続される推移となります。



不景気の株高現象を示す相場が展開されつつある状況となっています。

特に自動車に関連する銘柄は今後の、オイル脱却の現実をふまえれば、

新たな電気自動車への乗り換え需要増から、収益拡大が見込まれる可能性はプラス思考と考えられそうです。

 

そんな状況はすでに日産、ホンダ、トヨタなどの株価に現れ始めていると思える動きとなっています。


すでにこのマガジンで上昇転換のご案内をしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ 注意していただくこと、ここで記載の銘柄は買う銘柄ではありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買いトレンド転換へ動きを継続している銘柄です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

買うところは簡単明解売買法の法則に沿ってエントリーしてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

買い転換銘柄は『未来予測・転換変化日虎の巻』にて発掘して、儲けの売買は

『簡単明解売買法』により対応することができます。

 

株価の動きは、いくつかの条件を満たしながら推移しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その条件が乱れ始めたときに転換変化日が発生します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そのメカニズムを当てはめれば、株価動向の未来予測が可能となってきます。


そのメカニズムの要素をチャートに表現させることにより、視覚的に未来予測は可能となります。

 

今回のように上昇基調への転換初動が認識できます。


上昇から下落への転換も予測可能となるスキルです。


リスク回避のツールとしても役に立ちます。


上昇、下落銘柄の初動を察知、リスク回避のマニュアル!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『未来予測・転換変化日虎の巻』です。役に立つマニュアルです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://form1.fc2.com/form/?id=44216


簡単明解売買法が添付されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.