弱気相場への流れに注意!

日経平均株価10000円割れは必至の状況となった東京市場は、

買い方不利の相場状況となりそうです。


この相場、今期業績の善し悪しを織り込むところとなり、予断をゆるさぬ状況と思われます。


目先2月後半への波動底形成の流れが想定できるところで、弱基調相場と見られます。


現在の流れは2月下旬~3月初旬にかけてへの底形成の動きが順当な流れとなっ


ていて、10000円割れの動きも想定される状況となってきています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


現在上値10500円、下値10000円が節目となっていて、

ここからの離脱推移が今後の相場形成の流れを作りだす状況となっています。


2010年2月5日(金)のCME先物225において、10000円を割り込む動きが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


発生して、週明けからの東京市場は10000円割り込みの相場が必至と思われ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


る状況となっています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株価の動きは、いくつかの条件を満たしながら推移しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その条件が乱れ始めたときに転換変化日が発生します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そのメカニズムを当てはめれば、株価動向の未来予測が可能となってきます。


そのメカニズムの要素をチャートに表現させることにより、視覚的に未来予測は


可能となります。

 


 上昇基調への転換初動が認識でき、上昇から下落への転換も予測可能となるスキ
ルです。


リスク回避のツールとしても、上昇銘柄発掘のツールとしても役に立ちます。


上昇、下落銘柄の初動を察知、リスク回避のマニュアル!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『未来予測・転換変化日虎の巻』です。役に立つマニュアルです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://kabutie.web.fc2.com/mirai/index.html

 

株式売買の基本法則、極小損切り認識の法則、トレンド認識マニュアルは簡単明


解売買法に内包されています。


簡単明解売買法は『未来予測・転換変化日虎の巻』に添付されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ★株式投資は、デイトレード、短期売買、話題の注目銘柄、株投資攻略法や株式情報が羅針盤に★ All Rights Reserved.